078-325-1612078-325-1612受付時間 平日 10:00~18:00
HOME 事務所紹介

事務所紹介

相談室

事務所理念・基本方針

若本法律特許事務所は、2009年7月、神戸市の旧居留地に開設されました。

当事務所は、紛争解決のみならず、紛争を未然に予防するための法務サービスを提供するにあたり、あらゆる可能性を検討し、依頼者の利益のために最善を尽くすことを理念としています。

この理念を実現するためには、

(1)じっくりと丁寧にお話を聞いて、依頼者の思いを理解するとともに、
(2)考え得る手段の中から、習得した専門的知識をもとに的確な判断を行い、
(3)迅速に行動に移すこと

が重要であると考えています。
どうぞ安心してご相談ください。

取扱分野

当事務所では、契約書作成、契約交渉、人事労務、知的財産権、債権回収、情報管理、クレーム対応、不動産に関連する諸問題、会社組織や株式に関する諸問題、事業承継、破産・再生など、企業を経営していくうえで生じる様々な問題の解決および紛争予防に取り組んでいます。

また、個人からのご依頼も承っており、遺言・相続、離婚、交通事故や債務整理、自己破産等の案件にも対応いたします。
当事務所の弁護士若本修一は、非常勤裁判官(家事調停官)としての執務経験があり、相続、離婚を中心とした家事事件のご相談、ご依頼が増えています。

当事務所の特色

弁護士若本修一は、弁理士資格を保有し、また知財総合支援窓口の配置専門家を担当しており、当事務所の特色として、知的財産権分野の相談が多いことが挙げられます。

特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、不正競争防止法にかかる交渉、侵害訴訟、審決取消訴訟、無効審判などの紛争対応に加え、ライセンス契約、知的財産権の譲渡契約、職務発明契約、共同開発契約、デザイン業務委託契約などの契約書作成およびその支援を行っています。

なお、当事務所では権利化のための出願業務は承っておりませんが、ご要望に応じて、当該技術に通じた弁理士をご紹介させていただきます。

また、当事務所と交流のある、公認会計士、税理士、司法書士、不動産鑑定士、社会保険労務士など他士業の専門家と連携して、事案に対応しています。