078-325-1612078-325-1612受付時間 平日 10:00~18:00
HOME 知的財産権に関する契約

知的財産権に関する契約

ライセンス契約

■ ライセンス契約を締結するメリット
ライセンス契約とは、特許権等の権利を有する者が、当該権利を実施、使用もしくは利用する権能を第三者に付与する契約をいいます。

知的財産権を保有することのメリットは、他人による実施や模倣品・類似品を排除することだけではありません。
ライセンス契約を締結し、自社の知的財産権を他社に利用させることによって、実施料の支払いを受けることができるだけでなく、自社技術の普及に繋がり、市場を拡大させる効果も得られます。

一方、ライセンスを受ける側にとっても、研究開発にかかる時間や費用を節約しながら商品販売が可能になるという利点があります。

このように知的財産権を保有しつつ、ライセンス契約を締結することで、知的財産権を有効に活用することができます。

 

■ ライセンス契約の条項
ライセンス契約では、「許諾の範囲」や「ロイヤリティ」などの基本条件のほか、「不争義務」、「改良技術の取扱い」、「第三者による権利侵害への対応」など、一般の契約では見られない内容を定めることになります。

また、実施内容について「専用実施権」とするか「通常実施権」とするか、通常実施権だとしても「独占的な通常実施権」とするかどうかについても検討する必要があります。

ライセンス契約を自社に有利な内容とするためには、各条件をよく検討して、交渉の相手方に提案することが重要です。
 

当事務所ではライセンス契約だけでなく、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、ノウハウ等、以下のような知的財産権関連の契約書の作成およびレビューを承ります。

専用実施権設定契約/通常実施権設定契約/クロスライセンス契約/著作権利用許諾契約/ノウハウライセンス契約/ソフトウェア使用許諾契約/商品化権許諾契約/知的財産権の譲渡契約/職務発明契約/秘密保持契約/共同開発契約/デザイン業務委託契約