078-325-1612078-325-1612受付時間 平日 10:00~18:00
HOME 著作権

著作権

著作権の法律相談

インターネットが普及して、誰でも手軽に文章や写真、音楽、映像等を発信することができるようになる一方で、誰もがこうした情報にアクセスすることが容易になりました。
このような状況のもと、著作権をめぐるトラブルは増加しており、当事務所でも、著作権に関する法律相談について積極的に取り組んでいます。

著作権に関する相談事例

~このような問題でお困りではないでしょうか~

  • 業務上、参考になる新聞記事が掲載されていたので、そのコピーを社内報に添付して配布したいが、問題ないか(著作権の制限、私的使用のための複製)。
  • 当社のキャッチコピーはテレビCMでもお馴染みだが、最近、そのキャッチコピーを使って商品を販売している他社のサイトを発見した。他社の行為は著作権侵害にあたるのではないか(著作物性)。
  • あるWEBサイトでフリー素材とされていた写真やイラストをSNSで使用したところ、使用料の請求書が届いた(フリー素材、利用許諾契約、利用条件)。
  • イベントで使用するイメージキャラクターのイラストをデザイナーに制作してもらったが、好評だったのでグッズを作って販売したい。デザイナーの許可は必要か(キャラクターと著作権、翻案権、同一性保持権、二次的著作物の利用、利用許諾契約)。
  • 有名な大学教授の書籍の一部を抜粋して、卒業論文を書きたいと思っている。自由に抜粋してもよいか(著作権の制限、引用の要件)。
  • 社内のコンピューターシステムをA社に開発してもらったが、使い勝手が悪いので、別のB業者に委託して改修してもらおうと思っている。A社の許諾は必要か(プログラムの著作物性、システム開発契約と著作権の帰属、著作権の譲渡、翻案権、同一性保持権、二次的著作物の利用)。
  • 当社がデザインした鞄が人気となり、模倣品が出回っている。こうした模倣品の販売は、当社の著作権を侵害することになるのではないか(工業製品と著作権)。
  • 子どもを撮影した写真の中に、偶然、アニメキャラクターのポスターが写っていた。この写真を年賀状に使いたい(付随対象著作物の利用~いわゆる「写り込み」の問題)。
  • 発売されたばかりの漫画がネット上にアップロードされている。違法に公開されているのはわかっているが、個人で楽しむだけなので、これをダウンロードするだけでは違法にならないのではないか(違法ダウンロードの規制)。

著作権問題に対する当事務所の対応

著作権をめぐるトラブルは多岐に及びますが、インターネットによって大量のコンテンツが拡散していく現代において、権利者(クリエーター、発信者など)の側からみれば、著作権を侵害された場合の被害は甚大となるため、できるだけ早期に対処しなければならなくなりました。
一方、著作物を利用する側も、著作権に関する知識がないために、知らないうちに他人の著作権を侵害してしまっているケースが多々あります。
当事務所では、著作権に関するトラブルを未然に回避するため、あるいはトラブルになっていても早期解決を図るため、迅速かつ的確な対応を心がけています。

■ご相談

著作権に関するあらゆる問題について、ご相談に応じて的確な助言を行います。
判例の動向や最新の法改正も視野に入れ、著作権リスクについて、ご説明いたします。
既にトラブルが生じている場合には、適切な解決策をお示しします。

■交渉

具体的なトラブルが生じていても、さらに深刻化することを防ぐため、代理人として相手方と交渉し、迅速かつ妥当な解決を図ります。
 ① 権利者側であれば、侵害者に警告書を送付して、著作権侵害の停止を求め、損害賠償の請求を行うなどして、権利の保護を図ります。
 ② 権利侵害を主張されている側であれば、著作権侵害がないことや利用権を有すること、あるいは損害額の低減を主張するなどして、事態の収束を目指します。
 ③ 「著作物利用許諾契約」や「著作権譲渡契約」など、著作権に関する契約の交渉を行います。

■訴訟・仮処分

著作権侵害の差止めや、損害賠償請求等に関し、代理人として著作権をめぐる訴訟や仮処分を担当致します。

■契約書作成・レビュー

「著作物利用許諾契約」や「著作権譲渡契約」など、著作権をめぐる契約書を作成し、あるいは、そのレビューを行います。